「ゆがみ」って何?

よく「体が歪んでいる」とか「骨盤の歪み」と言われますが、

歪みってなんでしょう?




「体が歪んでいるみたい」「骨盤が歪んでいる」

と言われてもなかなか自分ではわからないという方が多いです。



歪みとは体を縦半分にしたときに左右非対称の状態です。

骨盤だけが歪むのではなく、肩や腕、肋骨、股関節、膝や足首など

どこでも歪みは起こります。



例えば、高さや形が違う、大きさが違う、動きが違うなど

鏡で映したようにぴったり合うわけではありませんが左右差があれば

それは「歪み」になります。



それともう一つ、「体幹バランスの乱れ」です。

これは体の重心軸が真ん中に通ってない状態で体が左右どちらかに傾いていたり、

前のめり、もしくは後ろに重心がある状態です。

体幹バランスが乱れていて例えば、左に体が傾いているとすればいつも左にばかり

体重がかかり筋肉や骨にも負担がかかる状態なのでまっすぐ立てていないことになります。



では、どうして歪んだり体幹バランスが乱れてしまうのでしょう。



実は歪みは毎日作られます。

仕事や家事の疲れやストレスでも作られますし、

あと、みなさんはこんな癖がありませんか?

例えば、


・足をよく組んでしまう ・横になってテレビを見る ・疲労の蓄積・睡眠不足 ・つい頬杖をついてしまう ・食事のとき同じ方でばかり物を噛む ・横座り、アヒル座り ・仕事で長時間の同じ姿勢 ・いつも同じ肩、腕で荷物、カバンを持つ ・長時間のPC、ゲーム、スマートフォン ・激しいスポーツでの無理な身体の使い方 ・肉体的・精神的ストレス ・事故やスポーツのケガ などなど・・・




このようにたくさんの原因、生活習慣で「歪み」は毎日作られていきます。


長時間の同じ姿勢、カバンの持ち方、足を組む、毎日の生活の疲労やストレスなどなどが

原因になっています。

日常生活の癖の見直しやストレス解消などで体の歪みを予防しましょう。

なかなか自分では歪みの状態はわからない、歪んでいるかチェックしたい方は

リセット整体にぜひご相談ください。


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示